ホーム>店舗情報>近畿>滋賀県>モンベル 滋賀竜王店

モンベル 滋賀竜王店

モンベルストア

オンラインショップ商品受取

商品取扱

アウトレット

イベントツアー取扱

保険取扱

登山

自転車

渓流・沢

トラベル

キャンプ

アウトドア全般

子ども

  • 店舗案内
  • 店内情報
  • インドア・イベント
  • アウトドア・イベント
  • 設備

滋賀竜王店おすすめブックス(45)

◆◆四万十塾の焚き火料理塾◆◆
冬こそキャンプ! キャンプは夏の醍醐味というイメージがありますが、想像してみてください。真っ白な雪と静寂に包まれた世界で爆ぜる焚き火の火の粉を……その空間だけでも幸せに浸れますが、そこに暖かい食事が揃うと言うことなし! 今年の冬は焚き火を囲んで過ごしてみてはいかがでしょう?

今回紹介する本は、カヌーイスト木村とーるさんによる焚き火レシピ本。著者の木村さんは、生活道具を全てカヌーに積んで旅をするカヌーイストです。そんな著者が紹介してくれるレシピは暖かくて簡単で、豪快なものばかり! 焚き火料理で心も身体も温めて、この冬を乗り切りましょう!
(スタッフ長谷)

モンベルで暖かい冬を、あの人へ

寒さも深まり、街中はクリスマスソングで賑わう季節がやってきました。皆さま、大切なあの人へのクリスマスプレゼントはお決まりでしょうか?
モンベルではアウトドアフィールドからタウンユースまで、幅広くご利用いただける商品を多数ご用意しています! 手袋、マフラーなどの小物や、軽くて暖かいダウンウェア、キャンプ道具などなど……暖かい冬を過ごしてもらえるように、プレゼント選びにぜひモンベルをご利用ください。ギフトラッピングやご配送も承っていますので、お気軽にスタッフまでお声かけください。

おすすめのウインターギフトはこちら>>

滋賀竜王店おすすめブックス(44)

◆◆おれたちの頂◆◆
背表紙だけだと活字の書籍かな? と思ってしまいますが、手にとって開いてみると中身は漫画です。およそ三十年前に連載されていた漫画がヤマケイ文庫で復刻しました。
一般的な登山の漫画かと思い読み始めましたが、中身はアルパインクライミングです。これが当時連載されていたと思うとかなりマニアックな内容だったのではないか? と思います。しかし、その濃い内容に引き込まれるように一晩で読んでしまいました。主人公邦彦とパートナーの恭介が日本だけでなく世界の山に挑戦していく姿勢にグッときます。そして物語終盤のローツェ南壁では…。
秋冬の一冊にいかがでしょうか?
(スタッフ丸野)

滋賀竜王店おすすめブックス(43)

◆◆雪山エントリーコース◆◆
昨シーズンは滋賀県にもたくさん雪が積もりましたが、今シーズンはどうなるでしょうか。日本アルプスの山々では既に積雪が始まっており、雪山シーズンが到来しています。
無雪期のトレッキングと異なり、雪山登山は体力も技術も必要です。だからこそ、その人のレベルにあったコースを選び、徐々にスキルアップしていくことが大切です。
本書は、これから雪山登山にチャレンジしてみたい! という人にぴったりな一冊です。どの山から登ってみようかな、という前に、雪山装備は整っていますか? ウェアの選び方、ギアの使い方、登山計画の立て方などなど、本書で雪山登山のハウツーをしっかり学んでおきましょう。

モンベル滋賀竜王店では雪山装備を豊富に取り揃えています。また、琵琶湖を囲む山々にてスノートレッキングのイベントも開催予定です。私たちと一緒に真っ白な雪の世界を楽しみましょう! 皆さまのご来店を、スタッフ一同お待ちしています。
(スタッフ長谷)

滋賀竜王おすすめブックス(42)

◆◆ヘビーデューティーの本◆◆
ヘビーデューティーとは何か? 帯でそう問われたとき、なかなか答えが出てきませんでした。heavy duty=丈夫な、頑丈な。ヘビーデューティーとは、目的を果たすために丈夫で機能的なもの、そしてライフスタイルといったところでしょうか。
例えば服にも靴にも帽子にも、ファッション以前に体を守るため、歩くため、日除けのためといたような目的を果たすための道具としての存在意義があります。ヘビーデューティーにはその目的以外に付加価値など要らない。そんな本物にこそ、美意識を見出せるというのです。まさに機能美。モンベルのfunction is beauyというコンセプトの根底がここにありそうです。
著者の小林さんは、服は「ギア」であると仰っており、本書では服や靴などを、使用目的や素材の違いというような視点から紹介してくださっています。もちろん、ヘビーデューティーのおしゃれなコーディネート例も! 是非モンベルの服を着て、お出かけください!
(スタッフ長谷)

ハードシェルのアウトレット充実中です!

◆◆まだまだサイズはございます!◆◆
この冬、モンベルのハードシェルは多くのモデルがモデルチェンジされました。それに伴い、昨年まで展開していたモデルはアウトレットとなり現在豊富に在庫しております。ハードユース向けのストリームジャケットやお手頃価格のフレネイパーカなど、用途に応じて選んでいただけます!
まだサイズやカラーも豊富にあり、女性モデルもご用意しています。ハードシェルは雨具と比べて、顔や裾から侵入する風雪を効果的に防いでくれます。この冬にぜひいかがでしょうか? スタッフ一同お待ちしております!

滋賀竜王店おすすめブックス(41)

◆◆山と高原地図45 御在所・霊仙・伊吹◆◆
日本の登山地図と言えば「山と高原地図」、全国の主な山域を網羅し、見やすい色目の地図は現地を想像してワクワクします!紙質も雨に強くマップケースいらずで安心して使用できます。
滋賀竜王店には北海道から九州までを在庫していますが、地元の鈴鹿・比良山系はいつもきらさないように沢山ご用意しています。
また今回特別企画の下記イベントでも登頂する鈴鹿10座の竜ヶ岳も載っています。

東近江エコツーリズム推進協議会モンベルアウトドアチャレンジコラボイベント2017年10月28日~29日

びわ湖から鈴鹿山脈までを体感。ビワマスとともに愛知川を遡る。
鈴鹿山脈からびわ湖までつながる東近江市。その文化や歴史は、この地の自然資源に育まれ、人はそれを有効に生かし継承してきました。今回のツアーでは、びわ湖と鈴鹿山脈を水でつなぐ愛知川の集水域を軸として、その数多くが雨乞いの信仰対象にもなっている鈴鹿10座の登山や生まれた川をめざすビワマスを追いながら森里川湖のつながりを体感します。また、鈴鹿から育まれた湧水とともに生きてきた五個荘の暮らしに触れ、人と自然とのつながりを学びます。宿泊地では、地域の素材を活かした食を通じて山村の生活の変化や環境の変化を知ることができます。
この企画の登山ガイドとして私も参加しています! 東近江特別企画で皆さんとお会いできるのを楽しみに楽しみにしています!!
(スタッフ石原)

滋賀竜王店おすすめブックス(40)

◆◆岳人秋山2017◆◆
岳人の別冊秋山号は日本全国の素敵な秋山情報が満載!
日本の紅葉は桜前線と反対に北から徐々に南下して行きます。例年10月20日ごろ北海道中部をスタートして11月初旬東北、中旬本州中部、下旬近畿、12月初旬には九州へと日本列島の山々を赤く染めます。
彩豊かな秋山はトレッキングには最適な季節是非『岳人秋山別冊』を参考に登りに出かけてください!
ちなみに今号の119ページに私のおすすめ「地元のいい山」を書かせていただきました。滋賀県東近江市の愛知川上流にある鈴鹿10座の一座『日本コバ』です。山頂を目指すほとんどの方が藤川谷コースを辿りますが、今回紹介した筒井峠から大山谷林道からのコースを秋にあるいてみてください! 展望良し! 静かな森を体力の少ない方でも歩けるとっておきのコースです。詳しい内容を知りたい方は滋賀竜王店に何時でもお問い合わせください。
(スタッフ石原)

滋賀竜王おすすめブックス(39)

◆◆ときめく小鳥図鑑◆◆
ある日、京都市北部の山に登りに行ったときのことです。視界の端に綺麗な青色が映りました。太陽の光をキラッと反射させて羽ばたくその子の正体は、コルリという小さな鳥でした。
そのとき思い出したのは小学生の頃、図鑑を見ながら、本当にこんなに綺麗な色をした鳥がいるのかな? と不思議に思いながら模写をしていたこと。大人になってようやく出会えたコルリは、想像以上に綺麗で、可憐でした。そして、せっかちさんでした(笑)ピリリリリリと高く鳴きながら、ちょこまかとステップを踏んで遊ぶとても可愛らしい姿を見せてくれ、私はメロメロになってしまいました。

こちらの図鑑は名の通り小さな鳥たちが紹介されています。素早く飛び立ってしまうため姿を見逃しがちな小鳥たち。実は青、赤、黄とカラフルな愛らしい小鳥たちに、癒されてください。
(スタッフ長谷)

驚異の浄水能力! グレイル入荷しました!

◆◆簡単3ステップでウイルスまで除去する浄水器! ◆◆
新たにモンベルで発売開始となった浄水器、グレイルUL.ウォーターピュリファイヤーボトル入荷しました!電源が不要でシンプルな構造ですが、ウイルスを除去、重金属を低減できる驚異的なフィルターを備えています。その使い方を写真付きで細かく紹介します!

詳細情報

海外サイズウェア入荷しました!

◆◆大きいサイズもあります◆◆
今年は海外サイズコーナーを設けました! こちらのコーナーはUSサイズばかり集めましたので、日本サイズよりも少しやや大きめのサイズ感になっています。現在はダウンウェアや化繊綿ウェアを中心にご用意しています。そのなかには日本で展開していない商品もございますので、是非一度ご覧ください。

滋賀竜王店おすすめブックス(38)

◆◆クライムオン◆◆
PEAKSのクライミング別冊号が出ました! 表紙には若きクライマー中嶋徹さんのインパクトのある九州でのボルダリングシーンが目を引きます。
この号はとても充実した内容で、クライミングをはじめたばかりの方から往年のクライマーまで楽しめます。
中でも私が面白かったのは「レジェンド小川山に現る」です。80年代初頭日本のフリークライミングが開花する時期に最前線で活躍された池田功さんからのメッセージ記事です。
「目の前の1歩を克服することがクライミングの精神であり、登れなかったものを登れるようにする。それは岩じゃなくても人生はすべてクライミングですよね」には説得力があり私も同感です。前向きな人生を歩むことこそが幸せなことかもしれません。
私も新しい久しぶりに新しいクライミングシューズを買いました。また岩にしがみついて行こうと思います。
クライミングに興味が出たかたは是非滋賀竜王店で開催しているボルダリングのイベントにご参加ください!
(スタッフ石原)

滋賀竜王おすすめブックス(37)

◆◆源流テンカラ◆◆
梅雨も明け、暑い夏がやってきました! 夏は短いです! 今年の夏はキラキラ輝く渓流で過ごしてみませんか?
高桑さんの「沢旅」は、必要最低限の衣・住だけを背負い、食は現地調達。腰に差したテンカラ竿で岩魚や山女魚(ヤマメ)を釣って、焚き火で調理し、食べる。そんなささやかな非日常が、幸福感を募らせてくれます。

他者が拓いた登山道を外れて渓流に分け入り、山頂を目指す沢登り。そこにテンカラ竿を携える意味とは? それは、釣るため。そして食うため。生きている実感を与えてくれるという「沢旅」のリアルな記録を、是非ご一読ください。沢飯のクッキングメモ付き!
(スタッフ長谷)

滋賀竜王おすすめブックス(36)

◆◆作例でわかる! 山岳写真上達法◆◆
山ではたくさんのすばらしい景色、きれいな植物、愛らしい動物に出会えます。この感動を誰かに伝えたい、残しておきたいと思って写真を撮られる方は多いのではないでしょうか。でもいざいざ撮ってみるとなーんかイマイチ……なんてことも多いはずです。高価なカメラでなければきれいな写真は撮れない? そんなことはありません! ちょっと撮り方を変えるだけで印象ががらりと変わります。作例が多く載っているので理解がしやすい内容です。難しい設定の話はそこまで多くなく、構図の重要さがわかります。今お持ちのデジカメやスマホでも実践できるものが多いのでおすすめです。そして、お気に入りの一枚が撮れたらぜひ印刷してみましょう。
(スタッフ 丸野)

滋賀竜王おすすめブックス(35)

◆◆アルピニズムと死◆◆
日本を代表するクライマー、山野井康史さんがこれまでのクライミングについて語られた一冊です。
この本で山野井さんは極限状態で判断を誤らず、生還できたのは恐怖心が強く、常に注意深く、危険への感覚が一度もマヒしなかったからだと語られています。
危険箇所をより安全に抜けるために、ずっと遠回りしたり、より軽量な装備で素早く登ったりととにかく危機管理能力に長けておられます。
持ちうる全ての能力を出し切って限界ギリギリで目標を達成する、そのスタイルに感動しました。
私ももう少しがんばれた登山やライドがあったなと思い返されます。
今まで手抜きをしてきたつもりはありませんが、より一層アウトド・アスポーツに真剣に取り組んでいこうという気持ちになりました。
クライミングをされる方だけでなく、登山を初めとするアウトド・アスポーツをされる方にぜひ手にとって頂きたい一冊です。
(スタッフ丸野)

滋賀竜王おすすめブックス(34)

◆◆原寸大 見分ける低山の花100◆◆
表題は、“低山の花”ですが、花探しに行く時に持っていける便利なコンパクトな一冊です。春であれば、フクジュソウ、セツブンソウ、夏には、ユウスゲ、フウロなどなど。おすすめのポイントは、検索のしやすさです。先ず、色で探す、そして、開花時期でパラパラとめくれます。見開きで、間違いやすい種類の違いが、解りやすく解説されています。
例えば、ヒトリシズカに、フタリシズカは、花の大きさ、葉の形の違いが、写真いりでわかりやすく説明されています。
春先の、イワウチワと、オオイワカガミの違いは? 早春の女神ミスミソウとセツブンソウの見分け方。種類の多いスミレですが、紫のスミレは、“花と葉のセットで”、10種類も掲載されています。山に出かけると、ついつい見落としがちな、小さな花たちですが、少し目を留めると、ステキな世界が、広がっています。持ち物の中に、一冊お持ちください! 出かける前の、予習にも!
(スタッフ中塚)

今年はテント泊で山へ行きましょう!

◆◆最適なテントをご案内します◆◆
テントコーナーを今までよりも手に取っていただきやすいところへ移動し、拡張しました! 登山用はもちろんツーリングや大人数のキャンプ用、いざというときのツェルトなどたくさんのテントをご用意しています。
お客さまにぴったりなテントをご案内しますので、いつでもお気軽にご相談ください。スタッフ一同お待ちしております!

テントの一覧はこちら>>

滋賀竜王店おすすめブックス(33)

◆◆山のエマージェンシー◆◆
すっかりと残雪も溶け、山登りが気持ち良い季節になりました。花も咲き、景色は色に溢れていてついつい浮かれてしまいますね。これから登山を始める方だけでなく、経験者の方にも今一度、この本で危急時の対応方法をおさらいしておきましょう。
山はとても楽しい場所ですが注意が必要な場所です。アルプスなどの高山で遭難や重大な事故が多いイメージがあるかもしれませんが、家の近くの低山などでも十分に遭難や事故は起きます。遭難、滑落、負傷、救助など、知っているのと知らないのでは大違いです。時には生死を分けることもあります。
今年も安全で楽しく山に登りましょう。

モンベルでは野外活動保険もご案内しています。万が一事故が起こった時のために備えましょう。保険に関するご相談がありましたら遠慮なくお申し付けください。保険募集人資格者がお客さまもアウトドア活動に最適な保険のプランをご案内させていただきます。
保険の詳細はこちら>>
(スタッフ丸野)

滋賀竜王おすすめブックス(32)

◆◆百名山紀行 上◆◆
皆さんは山行の記録を何に残していますか? 最近ではSNSなどのツールが便利で、写真と共に記事が投稿されているのをよく見かけます。映える青空や、色とりどりの植物、集合写真の皆さんの笑顔が山に登りたい意欲をそそります。
しかし一度、ノートに記録を記してみてください。写真を見返して山行を断片的に思い出すだけでなく、登山口から道中、ピークを踏むまでの景色、会話、思ったことを、連続した映像として回想することができるのです。そうして登山の記憶を文字に起こすことで、その山行が大切な財産になるはずです。

それにしても、小説家・深田久弥が描く山々はとても鮮やかです。山に行ったことがある人は、より鮮明に深田久弥が描く山々を思い描くことができるでしょう。毎回、山頂からの景色を観て唸る彼に、うんうんと思わず大きく頷いてしまいます。彼が見た景色を探しに、日本中の山々を目指してみてください。
(スタッフ長谷)

滋賀竜王店おすすめブックス(31)

◆◆伊吹山案内◆◆
日本百名山であり滋賀県最高峰1377mの伊吹山を新しい視点から取り上げたガイドブックです。
日本海から冬に吹き付ける強烈な季節風により1927年2月14日、有人観測史上の積雪世界記録11m82cmを記録したのが伊吹山山頂なんです!
四季を通じて多彩な景観で人々を魅了する伊吹山は滋賀では「いぶきさん」と呼んでいる方が多いです。
「ふじさん」「はくさん」「おんたけさん」などなど「山」を「さん」と親しみを込めて古くから親しまれている神様の山です。
本書にはほとんどの方が登山される三宮神社からスキー場跡地をたどる正面コース以外に多くの登山コースが記されています。 
滋賀の山を知り尽くす筆者の草川啓三さんならではの一冊です。
伊吹山の楽しみを是非この本でさらに深めてみなさんも素敵な登山の思い出を作ってください。
今年も『御来光を拝む、伊吹山夜間登山 2days』ツアーを開催します。
(スタッフ石原)

滋賀竜王店おすすめブックス(30)

◆◆ロードバイクの科学◆◆
ロードバイクで速く走るためにはどうすればいいのか? まずはとにかくロードバイクに乗る時間を増やすことだと思います。しかし、ただやみくもに走るだけでは伸び悩んでしまいます。そんな伸び悩みを感じている方に是非手に取って頂きたい一冊です。
単純なように見える「自転車で走る」という動作にも色々なコツがあります。効率よく漕ぐためにはどこから力を加えればよいのか? 空気抵抗はどれほど走行速度に影響しているのか? 目から鱗の内容が盛りだくさんです! レースシーンだけでなく、ロングライドでも役に立つこと間違いなしです!
始めたばかりの方よりも、少し乗り込んだ方やレースに出られている方におすすめの一冊です。6月3日、4日には「びわ湖 東近江 SEA TO SUMMIT 2017」が開催されます。大会のバイク区間に出場される方も是非読んでみてはいかがでしょうか?
(スタッフ丸野)

滋賀竜王店おすすめブックス(29)

◆アルパインクライミング◆◆

登山技術を紹介した本は沢山ありますが、中でもヤマケイ・テクニカルブック(登山技術全書)
シリーズは大判で見やすくイラストと写真も多いのでおすすすめです。アクティビティについての魅力や歴史、道具の使い方など広く紹介されています。

中でも本書はクライミング技術だけでなく登攀に伴う多くの要素が紹介されています。レスキューの基本やビバーク技術、雪山での安全な登り方などは登山を安全に楽しむ上で欠かせません。クライマーの方はもちろん、アルプスにチャレンジされる方、より安全に登山したい方を含め、多くの方に是非読んでほしい一冊です!
なお、紹介されている技術は目を通すだけではなく、必ず経験者の方や講習会で安全に練習し実践してください。
滋賀竜王店では毎月1回クライミング講習会も開催しています。実際にアウトドアの岩場で技術を学んで頂けるのでご参加お待ち申し上げています。
(スタッフ山口)

滋賀竜王店おすすめブックス(28)

◆◆日本のロングトレイル◆◆

アウトドアに出かけるのが気持ちいい気候になってきました。歩くのが楽しくなるこれからに向けてロングトレイルはいかがですか。
「トレイル」とは登山道、自然歩道など「自然に親しみながら歩くこと」ができる道のことです。その距離が長くなったロングトレイルは一気に踏破するもよし、休みにあわせて区切って歩くもよし。自分のペースで歩いてみましょう。歩くことでしか見つけられないことがきっとたくさんあるはずです。
本書ではコース案内はもちろんのこと、周辺の施設情報、そして計画の立て方や装備のことまで役立つ内容が盛りだくさん。「ロングトレイルを歩きたい」と思っている人の背中をやさしく押してくれる一冊です。
滋賀県には高島トレイルにはじまり余呉、比叡、比良、鈴鹿と新たなトレイルが整備されようとしています。滋賀竜王店から発信した鈴鹿トレイル構想の夢も将来実現するかも! です! 
(スタッフ関)

滋賀竜王店おすすめブックス(27)

◆◆◆ぼくは原始人になった◆◆◆
衝撃的なタイトルと表紙に引き込まれ手にとりました。興味本位でパラパラと目を通しましたが、ととても読みやすく、この手の本にある少々戦闘的なイメージでないことに好感が持てました。
サバイバル本ではありますが、単にサバイバル技術を伝授する内容ではありません。
作者が自然に魅了され、自然と親しくなる方法としてこの形になったことが読んでいてよくわかります。
押しつけでなくサバイバル=生存技術といううよりは、自然とともに生きることの素晴らしさをこの本から学ぶことができました。
読み進めて行く最中からすぐにアウトドアに出向きたくなる!
そんな気持にさせてもらえるおすすめの一冊です。
(スタッフ石原)

滋賀エリア限定! オリジナル【びわこ】Tシャツ!

◆◆日本一のびわこをデザインした滋賀限定Tシャツ◆◆
モンベルの商品には地方オリジナルデザインのものがあることはご存知でしょうか?
モンベル滋賀竜王店では滋賀エリア限定のオリジナルTシャツをご用意しています!

滋賀エリアオリジナルTシャツ【びわこ】 価格 ¥2,400(+税)

このビワコTシャツのデザインには秘密があり、伊吹山や箱館山、竹生島などのアウトドアスポットが描かれています。山、川、湖、さまざまなフィールドがある滋賀県でモンベルのキャラクター、モンタベアが登山やクライミング、自転車など色々なアウトドアにチャレンジしている姿も描かれています。
このシャツを着て滋賀県で遊んでもらえれば、「ここはシャツのこの場所だ!」と気付けてもっと楽しくなるハズです。
モンベル滋賀竜王店は名神竜王インターを降りてすぐの三井アウトレットパーク滋賀竜王にあります。お土産にもぜひいかがでしょうか♪
スタッフ一同お待ち申し上げております♪

滋賀竜王店おすすめブックス(26)

◆◆バイクパッキングBOOK◆◆
表紙を見るだけでワクワクします。ここ最近バイクパッキングというスタイルが流行しています。
バイクパッキングとはMTBやロードバイクにサドルバッグやフレームバッグを装着し、バックカントリーや舗装路を旅することを指しています。このスタイルはMTBの走破性やロードバイクの性能を大きく犠牲にせず、たくさんの荷物を積むことが出来ることが魅力です。その魅力をあますことなく書き記した一冊です
。日本で走る上でどのような場所が楽しいのか、海外のバイクパッキング事情などMTBとロードバイク両方の側面から書かれています。また、筆者の旅の記録も掲載されており、モロッコ、モンゴルに行った話などワクワクする内容が盛りだくさん!
キャンプツーリングをするにはそれ専用の車体が必要だと思っていらっしゃる方は、この冒険の書をぜひ手に取ってみてください。今ある自転車でもきちんとギアを選べばテント泊だってできちゃうかも!?
滋賀竜王店では自転車本体の取り扱いはありませんが、バイクパッキングに必要なシュラフやツェルトなどギア類を取り扱っています。
ぜひ一度お越しください。
(スタッフ 丸野)

滋賀竜王おすすめブックス(25)

◆◆シェルパ斎藤のワンバーナークッキング◆◆
生鮮食品は一切使わずコンビニやスーパーで簡単に手に入る食材を使います。
短時間でこんなにも沢山のメニューが出来るものかと驚かされます。
じゃがりこマッシュなどは有名だけど、他にも「へー!なるほど!」と斬新なアイデアが満載。
基本は3分、長くて20分と物足りないくらいの時間と簡単な行程でサラッと一品。分量も味付けもかなりシンプルなので誰でも簡単に作れます。
本の前半にはギアの説明があり長所短所使い方などが詳しく載っています。
バーナーや調理器具はどれを買おうか迷ってる方は読んでみる価値ありです!
メニューごとに大きな写真で掲載されていて、作って食べてみたいと思わされます。軽い朝食からランチ、ディナー、おつまみ、デザートまでぎっしり詰まった一冊。
料理が得意な方もアイデア本として面白い内容がいっぱいです。
あるものを利用して一から作る手間を省き、目の前にある自然や景色を楽しむ時間を増やす…。
ただのレシピ本ではない、アウトドアに出かけたい気分にさせてくれる一冊です。
(スタッフ滝)

滋賀竜王店おすすめブックス(24)

◆◆関西の名山ベスト(山歩き安全マップ)◆◆
関西の有名な山域の詳しい地図や安全ポイント、見どころ、山歩きの装備、コース状況などが細かく書かれているため非常に分かりやすい1冊です。
モンベル滋賀竜王店から近い鈴鹿の山々についても詳しく書かれています。
初心者の方でも山に入る前にチェックしておけば、安全に気を使った登山ができるようになるでしょう。
これからの季節、ヒル対策が必要になってきますが、そのヒル対策についても服装や行動の観点から書かれています。
初心者の方だけでなくステップアップしたい方にもおすすめです。
(スタッフ中谷)

滋賀竜王店おすすめブックス(23)

◆◆北アルプス テントを背中に山の旅へ◆◆
「今シーズンも北アルプスへ!」とお考えの方は今から準備されていると思います。その準備にこの一冊はきっと役に立ちますよ!
本書は北アルプスの大半のルートが載っており、この本をめくりながら楽しい山旅を想像されるとよいかもしれません。これから北アルプスに挑戦される方も、もう何度も行っている方にも幅広く楽しんでいただける一冊です。
3月の北アルプスはまだまだ雪山として楽しめますし、今後の春山の登山計画にいろんなルートを考えてみてください。

本のタイトルにもありますが、今年はテント泊にチャレンジしてみませんか?
滋賀竜王店には経験豊富なスタッフがたくさんいますので、なんでもご相談ください!
(スタッフ 北村)

滋賀竜王店おすすめブックス(22)

◆◆やさしい山のお天気教室◆◆
刻一刻と移り変わる山の天気。
深く学びたいけど、巷に溢れる参考書は難しく気が引けるなぁ…。
複雑な仕組みを理解するのはちょっと苦手…。
と思ってらっしゃるみなさま!

本書には難解な専門用語は少なく、シンプルで可愛いイラストとポイントを押さえた解説が、みなさまの悩みを一気に解決します。
各ページに掲載されるコラムが驚きの連続で、読者の好奇心をくすぐること間違いなし!
ちなみに、有人観測で積雪量世界一が我らが滋賀県、伊吹山であったことはご存知でしたか?
ぜひ山の天気を楽しみながら学習してみてください。
(スタッフ久米)

滋賀竜王店おすすめブックス(21)

◆◆奈良名山案内◆◆
本書は奈良の名山を六つの山系に分けて紹介しています。それぞれの山系の特徴を難易度、見ごろの季節、アプローチ方法を中心に書かれています。
その中でも魅力的な山々をここで少しご紹介します。
①ケーブルカーを使い、春の芽吹きとカタクリの大群落が楽しめる大和葛城山
②歴史ロマンが体感できる大和三山
③大和富士の呼び名を持つ額井岳と、スリリングな岩峰が並ぶ古光山
④樹氷が美しい高見山三峰山
⑤女人大峰の尾根、岩峰で知られ、標高1726mの稲村ヶ岳と数々の窟や不動明王が祀られている大普賢山
⑥和歌山との県境にありかつては修験者が行き来した一等三角点の山、陣ヶ峰
この本を読むとウォーキングから縦走まで山行の妄想が掻き立てられます。
みなさんも是非奈良の名山へ足を運んでみてください!
(スタッフ中塚)

滋賀竜王店おすすめブックス(20)

◆◆ナイフ・ナタ・斧の使い方◆◆
石器時代から変わることのない一番原始的な道具ですが、最近は上手に使える人が減ってきたように思えます。
使い方、メンテナンスの仕方、用途による選び方など…
これを読んだらナイフ一本備えて山に行ってみよう!
ブッシュクラフトの技術習得を目指す方に最適の一冊です。
私もさまざまな刃物をアウトドアで使って来ました。経験をもとにお客さまの疑問質問になんでもお答えします!
(スタッフ中谷)

滋賀竜王店おすすめブックス(19)

◆◆雪山の基本◆◆
今年は雪がよく降ります。はじめて雪山にチャレンジする方や、もうベテランの方も、ぜひご一読下さい。
内容は主にバックカントリーを楽しまれる方に向けですが、雪山での備えや準備、判断の仕方など勉強になることがたくさん載っています。
体験してみないと分からないことがたくさんありますが、本で事前に知識を淹れておくこともおろそかにはできません。安全に雪山登山を楽しみましょう!
滋賀竜王店はまだまだ雪山装備をしっかりと在庫しています。アイゼンのフィッティングも店舗でご案内しています。今お手持ちの装備でお悩みなら現物をもってご来店ください。
また滋賀周辺の雪山情報を知りたい方は、お電話でもお問い合わせしてみてください。できるかぎりの情報をお伝えします。
(スタッフ北村)

滋賀竜王店おすすめブックス(18)

◆◆ミニヤコンカ奇跡の生還◆◆
1982年に中国四川省のミニヤコンカ峰(7556m)に挑んだ松田宏也氏による山岳ノンフィクションの傑作。
計画の初期から登頂の断念、生死の境をさまよった末に救出されるまでの間に起きたことが極めてリアルに描写されています。力尽き助けをもとめることもできない状況へ追い詰められたときに人間は何を感じるのか。ぎりぎりで生還し重度の身体障害者になってからも山に登り続けるのはなぜか。そもそも命の危険を冒してまでなぜ山に登るのか。
「未知の局面を経験を積んだ技術で切り抜ける。局面突破の後には心の高ぶりが起こる。この感動を体験する行為が、山登りだ。」「山は、僕にとって、趣味ではない、生きがいだった。人生を学ぶ場所だった。」登山という行為の本質をみごとに表現した、まさしく名言といえるでしょう。
おそらく100年後も色褪せることのないであろう名著をぜひご一読ください!
(スタッフ牧野)

滋賀竜王店おすすめブックス(17)

◆◆RUN+TRAIL vol.17◆◆
トレイルランナーおすすめの情報が盛りだくさん!
なかでも「石垣島オーシャンビュートレイラン」のレースレポートは南国好きなランナー必見です。
島のカラフルな森と青い海を掛ける選手たち。見ると今すぐ走り出したくなるでしょう。
また、ギアのレポートやフィーリングの特集も見逃せません。
岩場や下り、ロードに合うシューズの紹介や肌着の選び方なども詳しく紹介されています。
これを読んで皆さんもぜひ町やアウトドアフィールドを走ってみてください!
(スタッフ山口)

滋賀竜王店おすすめブックス(16)

◆◆山釣り◆◆
釣りシーズン到来! その前にこの本で気分を更に高めてはいかがでしょうか?
滋賀県出身で近畿圏中心に活動されてきた山本素石氏による可笑しな釣り山行記録。
摩訶不思議な話や知って試したくなる貴重な話などが記録されています。
昔懐かしい昭和の山村風景に山本氏と一緒に旅してみてはいかがでしょう?
自然と釣りの素晴らしさを教えてくれるそんな一冊です。
滋賀県のフレンドエリア「東近江市」「米原市」「長浜市」は渓流釣りの素敵なフィールドでもあります。是非竿を持ってお出かけください!
(スタッフ大野)

滋賀竜王店おすすめブックス(15)

◆◆完全 ロードバイクメンテナンス◆◆
洗車やパンク修理など一般的なものからタイヤの交換、パーツの取り付け、電動コンポーネントの調整方法などを掲載したメンテナンス本が出ました!
出先のトラブルに役立つ知識が写真付きで分かりやすく説明されています。
また、シマノだけでなく、カンパニョーロ、スラムのメンテナンス方法も載っています。さらに、巻末には各メーカーの互換表や分かり辛いBBの規格表も掲載しています。
これからメンテナンスを覚えようという方にはもちろん、一通りのメンテナンスを覚えた方にもオススメできる一冊です!
滋賀竜王店は自転車本体の取り扱いはありませんが、ウェアやアクセサリーは取り扱っています。自転車好きなスタッフもおりますので是非お気軽にお声掛けくださいませ。
(スタッフ 丸野)

滋賀竜王店おすすめブックス(14)

◆◆岩と雪ベストセレクション◆◆
ついに出ました! 日本の山岳界の歴史的一冊です!
『山と渓谷』は登山全般の月間雑誌として今も発刊されていますが、同じ山と渓谷社から1956年~1995年まで計169号発刊された『岩と雪』はクライミングに特化した雑誌でした。
4,000mを超える高峰のないアジアの島国日本における、クライマーの飽くなき挑戦の歴史が毎号綴られて来ました。
休刊になり現在の「ROCK&SNOW」に引き継がれていますが、インターネットの無かった岩と雪の時代はこの雑誌が世界、日本のクライミング最前線を知る唯一の情報源でした。
そんな歴史ある雑誌のベストセレクション版が今回発刊され話題を呼んでします。

「温故知新」是非多くのクライマーにはこの一冊を手元に置いてクライミングスピリッツを掻き立てて欲しいと思います。
手にとって見てもらうとずっしり重いハードカバー、貴重な資料がどっさり、なのに本体価格¥2,800は驚きです!
リアルタイムで岩と雪を読んで熱くなった記憶を呼び起されました。
(スタッフ石原)

滋賀竜王店おすすめブックス(13)

◆◆備えあれば憂いなし◆◆
子ども達も巣立ち、これからはやってみたかった登山がしたい。でも何かと不安。また、若い頃登山部で足腰を鍛えていたので大丈夫。
と、思っている方にお薦めしたいこの一冊。
なんと、山歩きの事故件数の内、80%は中高年が占めるそうです。
登山の準備から、山の歩き方、マナー、遭難事故の実例、道に迷ったら、病気になったら、骨折したらなど対処方法がしっかり掲載されています。
また、四季の山の楽しみ方、おすすめプランなども分かりやすくイラスト入りで紹介しています。
登山経験のあるなしに関わらず、この本を読めば不安は解消され、もっと山が好きになります。備えあれば憂いなしは間違いなしです。
(スタッフ南)

滋賀竜王店おすすめブックス(12)

◆◆JETBOILで簡単クッキング◆◆
JETBOILで作る料理のレシピを紹介した一冊です。JETBOILとは、アメリカのJETBOIL社が発売している熱効率の高いクッカー一体型のストーブです。
おいしい!楽しい!びっくり!なメニューが満載です。
作り方も詳しく、写真なども載っているのでとてもわかりやすいですよ!
さぁ、あなたもアウトドアの第一歩を踏み出しましょう。
滋賀竜王店にはJETBOILを豊富にラインナップしています。初めてガスバーナーを使ってみたい人には操作方法も詳しくご案内いたします♪
(スタッフ 吉川)

滋賀竜王店おすすめブックス(11)

◆◆登山を安心安全に楽しむために◆◆
日本を代表する登山インストラクター岩崎元郎氏が昨今の登山ムーブに警鐘を鳴らす一冊です。
「山を知り己を知らば、百山するも危うからず」
これは本書で氏が繰り返し用いる一言です。山に潜む危険性、登山者が自身の体力を過信して引き起こる諸問題について多項目にわたり綴られています。
厳しい指摘が多いですが、登山を安心安全に楽しむヒントが盛り込まれた良本です。 ぜひ読んでみてください!
(スタッフ 久米)

滋賀竜王店おすすめブックス(10)

◆◆世界の絶景歩き旅◆◆
「行きたい」と思った瞬間、この本を開けてみてください。
中には憧れの海外の山々。
キリマンジャロ、キナバル、モンブラン、アコンカグア、マッターホルン
そしてアイランドピークと世界の名峰が盛りだくさん。
読むだけで夢が膨らみます。

著者で国際山岳ガイドの近藤謙司さんが説く『「まだ早い」の向こう側へ』は読者の背中を押してくれます。
2017年、この本で是非憧れの山への第一歩を踏み出してみませんか?
(スタッフ関)

滋賀竜王店おすすめブックス(9)

◆◆マタギ奇談◆◆
古くから職業として熊や野生動物を狩猟し生活ていた人々を「マタギ」と云う。
木々を守り、生命を繋ぐ伝統と技。
「山の掟」を重んじるマタギの山生活をこの本で体感することができます。
マタギの世界を知ってしまったアナタは、普段と違った山を感じることができるでしょう。
もし山で失くし物をしてしまったら、この本で綴られている「おまじない」を試してみてください!
すぐ見つけることができるでしょう。
(スタッフ大野)

滋賀竜王店おすすめブックス(8)

◆◆最初から最後までベニテングダケの話です◆◆
ベニテングダケ、山に入ると一度は見たことがあるのではないでしょうか?
あの真っ赤でいかにも危なそうな見た目…、そんなベニテングダケのみでこの本は構成されています。
どのページを開いてみても"ベニテングダケ"と書いてあるほど、あらゆる側面からベニテングダケについて書かれています。世界のベニテングダケのイメージの話や、毒があるにも関わらずベニテングダケを食べてみた話も…。
ほんのすこしこの本を開いてみれば、山でみるベニテングダケのイメージがきっと変わります。
(スタッフ丸野)

滋賀竜王店おすすめブックス(7)

◆◆日本海から北アルプスまで◆◆
富山平野から望む立山連峰は有名ですが、黒部川扇状地から見上げる後ろ立山連峰はご存知でしょうか?
この本はエッセイと山行記からなり、剱岳頂上の鍚杖頭(初登頂)についての考察や片貝川の谷間から奥大日岳は見えるか?などを自分の目で確かめて書かれています。
また、MTBを使って早日川を河口から馬場島まで一カ月かけて遡ったり、山スキー(!)で黒薙温泉から白馬岳へぬけたりと胸が躍る内容ばかりです!
佐伯邦夫氏にピン!ときた方は是非読んでみてください。ドキドキワクワクが止まらなくなりますよ。
(スタッフ中塚)

滋賀竜王店おすすめブックス(6)

◆◆一歩ずつの山歩き入門◆◆
山に憧れるすべての女性へ美しい自然と触れ合う喜びを感じてもらえるように…と山スカートの発案者でもある四角友里さんは運動音痴で体力ゼロから山歩きをスタートされたそうです。
体力がなく人一倍悩まれたこそ生まれた山歩きのアイデアをおしみなく公開されています。
中を開くと山や自然の綺麗な写真、そしてかわいいイラストが目に飛び込んできます。
写真を眺めているだけでもワクワク♪ 寝る前に読めば山を歩いている夢が見られそうです♪
・行きたい山は沢山あるけどどうやって行くの?
・初心者の私でも行ける山は?
・山小屋ってどんなところ?
・最初は何を準備したらいいの?
山に関する沢山の疑問や不安を解決してくれ、山のルールやマナーも分かりやすく教えてくれます。
山への一歩がなかなか踏み出せない女性の背中をやさしく押してくれるそん一冊です。
女性だけでなく男性にも読んでほしい!(スタッフ瀧)

滋賀竜王店おすすめブックス(5)

◆◆山岳地図の読み方、使い方◆◆
知らない場所へ知らない景色を見に行こう!
地図とコンパスさえあればどこにでも行ける。
山登りで遭難しないための基本的な技術「読図」がまとめられています。
GPSを使う方も、さらに高度な使い方ができるようになるでしょう。
滋賀竜王店では地図読みイベントや3月から昨年大人気だった「びわこの山々周遊トレッキング」をパワーアップして開催します。
私もインストラクターとしてガイドしています。イベントを通して読図の魅力もお伝えいたします!
(スタッフ中谷)

滋賀竜王店おすすめブックス(4)

滋賀竜王店おすすめブックス(9)

◆◆タープの張り方、火の熾し方◆◆
沢登り、テンカラ釣りをメインに活動される高桑信一氏による道具の選び方、使い方がユニークな文面と共に紹介された一冊です。
沢にどっぷりつかり、遊びつくそうとする氏の長年の経験から選び、使い込まれた道具たちがとても魅力的な雰囲気を出しています。

今年の夏には沢登りに!と思ってらっしゃる方はぜひ読んでみてください。
あと、単純に高桑さんのファンになると思いますよ。オススメです。
(スタッフ北村)

滋賀竜王店おすすめブックス(3)

◆◆たった一人の生還◆◆
1992年外洋ヨットレース中に転覆遭難した「たか号」。ただ一人の生還者が綴る壮絶な生死のドラマ。
数ある遭難記録の中でも群を抜いてリアリティを感じる一冊です。
登山とは違う世界ですが、どんなアウトドアスポーツも常に死と隣合わせであり、目の前に立ちはだかる困難に立ち向かう勇気と諦めない強い気持ちを私も掻き立てられました。(スタッフ牧野)

滋賀竜王店おすすめブックス(2)

◆◆滋賀竜王店おすすめブックス(2)◆◆

◆◆ウルトラライトハイキングギア◆◆
今回ご紹介するのは初版が2012年3月25日発刊の『ウルトラライトハイキングギア』です。
荷物が重たい…。といった悩みをお持ちの方に向けた目からうろこの軽量化バイブル。
書籍内でもモンベル製品が多く取り上げられており、店頭で実際の重さの違いを体感することもできます。
おすすめ箇所は巻末付近の自作(ハンドメイド)のページ。
身近にある材料でアルコールバーナーの作り方が紹介されています。
「必要な物は持っていく」「持ってい行ったら便利かもしれない物は置いていく」本書の根底にあるルールをギア選びで実践すると、あなたもきっと新しい発見があるでしょう。(スタッフ山口)

滋賀竜王店おすすめブックス(1)

2017年、滋賀竜王店では一年間を通してアウトドアの書籍を紹介してまいります。

◆◆新版アイスクライミング全国版◆◆
最初にご紹介する1冊は昨年秋に19年ぶりに改訂された「アイスクライミング全国版」です。
近年またアイスクライミングの人気が高まってきており待望の一冊です。膨大な収録数は圧巻! ルート図や写真も多くクライミングスピリッツがいやがうえにも高まります。
各項目のサブタイトルにも注目してください。「雪原のかなたのブルーアイス」「堂々たる大滝、豪快に駆け登れ」「地獄谷最長全350mの核心100mの大氷柱で閻魔様の審判が下る」……これを全て考えた編者の廣川さんには脱帽です。
余談ですが巻末に私が発表した記録も載ってます。(スタッフ石原)

新商品! シンプルロングスパッツ

シンプルロングスパッツは雪でも使いやすいと大好評!
専用収納ケースも付属しているので手軽に持ち運びでき、暑いとき・蒸れが気になる時は、写真左側のようにずり下げて使うことも可能です。
ローカットシューズにも装着可能、靴下を履くように簡単に着脱できます。
ジッパーが無いので81g(ペア)と驚きの軽さ!

モンベル滋賀竜王店主催イベント、琵琶湖を望む山々周遊トレッキングでも使ってみてください!

詳細情報

エコでお得に 「紙袋いらない」宣言! 

紙袋いらない宣言

紙袋無しポイントをご存知でしょうか? 

モンベルクラブ会員さまには紙袋をご利用になられない場合、10ポイントを付与しています。環境への負担を減らせると共にお得にお買い物ができるシステムです。

「紙袋いらない」と言っていただけるだけで資源の有効活用に貢献できるほか10ポイントが加算されます。お買い物の際は、ぜひマイバッグか少し大きめのバッグを持ってお越しください。

モンベルクラブの詳細はこちら>>

「モンベル野外活動保険TM」「モンベル山岳保険」お申し込み受付中!

安心と一緒に出かけよう

モンベル滋賀竜王店では、みなさまに安心してアウトドアへ出かけていただくために、傷害総合保険を取り扱っております。
トレッキング、サイクリングやゲレンデスキーなど、さまざまなアウトドアライフを楽しむ方のための「モンベル野外活動保険TM」、ピッケルやアイゼンなどを使用した本格的な山岳登はんやクライミングなどを楽しむ方を対象とした「モンベル山岳保険」の2種類をご用意。
みなさまのアウトドアライフに合わせた保険をお選びいただくことができ、最短でお申し込みの翌日午後からの補償スタートが可能です。次のお出かけは、安心と一緒にどうぞ。

保険の詳しい内容はこちら>>

※「モンベルメイト(入会金・年会費無料)」へのご登録が必要です。

引受保険会社:富士火災海上保険株式会社
取扱代理店:株式会社ベルカディア